工苑ブログ

エンコーダ距離表示器

工苑WEB担当の石塚です。

ちょっとお仕事でシリンダ動作確認用にエンコーダ距離表示器をみつけました。
0629b.jpg 0629a.jpg
ひとつを内製するよりは買ったほうが早いですしね。
意外と扱っている会社はないんですかね。急いでいたのでパッと買ってしまいました。

いつもありがとうございます。

PageTop

東工大すずかけ台キャンパス 公開

工苑WEB担当の石塚です。

今日は社長と一緒に東京工業大学すずかけ台キャンパスにある精密工学研究所公開に行ってきました。
高機能化システム部門の油空圧の先生の研究室へ。

機能性流体についてはなかなか興味深いのですが、パネル展示がほとんどだったので特に写真はなし。それでも何かに使えそうな技術ですが、いまひとつ産業用途が思いつかない。でもおもしろい…むむむ。

外科手術用多自由度鉗子システム(写真左)と流体(空気)を使った非接触な吸引装置(写真右)。
0629c.jpg 0629d.jpg
外科手術用多自由度鉗子システムはバイラテラルを利用した遠隔手術のための装置。この他、カメラで手の動きを読み取り、バーチャル遠隔操作する研究も見てきました。この場合の反力は錯覚を利用するのだそうです。体験してきましたが…、いまひとつ時間しにくかったです。

非接触の吸引装置は見ていてもおもしろく、エアを送りダンボールとの間に空気の流れのある隙間をつくりつつ、吸引させるもの。まさにつかず離れずな技。

どちらも病院や企業との共同研究されているとのこと。

なんか研究しているのを見学するのは楽しいですね。
(おもしろがっているだけではいけないか…)

PageTop

緑のカーテンのその後

工苑WEB担当の石塚です。

緑のカーテンが完成する前に猛暑と強い日差しに襲われています。
まっすぐ伸びていたゴーヤですが、てっぺんを切って脇芽を増やす段階になりました(ちょっと早いと思うけれど)。
628a.jpg
脇芽が増えると一気に横に広がるため、よい日陰がつくれるのです。

暑がりません、秋までは! ><;;

節電の夏を乗り切りましょう!

PageTop

サーボ弁が届いた

工苑WEB担当の石塚です。

受注したお仕事で使うであろうMoog社のサーボ弁 G631シリーズ。
628b.jpg
購入したのは7MPaの弁圧力損失でシリーズとして5~75L/minの流量がとれる2段型サーボ弁です。写真のものは最大の75L/minのものです。

サーボ弁の作動原理もブログや工苑ホームページに書きたいのですが、図解や説明がややこしくて(自分も理解しきれていない)まったく進んでいません。

ソレノイドを使う比例弁と違って供給圧力を止めてしまうとサーボ弁が機能しなくなってしまうらしいので、常に油圧を流しておく必要があるため省エネではありません。でも短時間で高速な動きをさせる時には、抜群の性能です。成形機や加振装置などで使われています。

いつもありがとうございます。

PageTop

猛暑な梅雨の中休み

工苑WEB担当の石塚です。

暑いですねぇ。夏至の6月22日から3日間連続での猛暑日。
群馬県では39℃台から40℃の大台に乗るかどうかまで気温が上がってるようです。
0624.jpg
当社も緑のカーテンのためゴーヤを植えていますが、カーテンになる前の猛暑。さらには完全に萎れています。

節電の夏、乗りきれるだろうか!

暑がりません、秋までは(><)/

これからもがんばります。

PageTop

機械入力式サーボ弁

工苑 WEB担当の石塚です。

今日は機械入力式サーボ弁について書いてみます。
と、いいますのも最近お問い合わせが多いのです。どうやらプレス装置に多用されているようなんですが、年数的に耐用年数を迎えているようです。問題は製造メーカの東京精密測器がなくなってしまい、交換することもできないため装置ごと修理不能にされ、みなさんお困りのようです。
y_02_01.jpg
機械入力式サーボ弁(メカニカルサーボ弁ともいいます)は、ならい制御で使われます。プレス機だとメカニカルブレーキに使われているようですね。

ならい制御というのは、実際にあるモノと同じ形に加工する時に実際のモノをなぞって、その動きを加工装置に伝える制御。身近なところでは合鍵作るのと同じです。
0623a.jpg
つまり機械入力型サーボ弁にとりつけた軸でモデル型をなぞり、その軸の動きを油圧に伝えて加工材のドリルなどを動かすことで同じものをつくるわけです。

これを東京精密測器ではM03とM04という2機種があり、特にM03が多く製造されたようです。
これが壊れてしまうと、加工ができなくなります。

どうにかする案としては、
1)他社の機械入力式サーボ弁に置き換える
2)センサなどを用いて電子制御に置き換える
3)どうにか直す
の3案があります。

1案だと、油研工業さんのSVC-F1型メカニカルサーボ弁がありますが、そのまま置き換えできないので改造が伴います。コストも数十万では厳しいかも。

2案だと当社のガリル・モーションコントローラはじめならい制御のできるコントローラはありますが、別途サーボ弁やらセンサやらソフトなどもからみ、状況によっては7桁を超えるコストになりそうです。

3案はバラして見てからの判断ですが、ばらすのにお金がかかるのと、部品がないので加工できるものは作るしかない。それも作りようがない壊れ方だとお金だけかかってお手上げということになってしまいます。(そもそもばらせる人がいるかどうか…)

やりたいことは簡単に見えますが、以上のことも含めお客さまに説明してご判断いただいています。
やはりコストのことや不確定要素が多いため、成約となった問い合わせはありません。

同型のサーボ弁を置き換えればすぐに直りそうなんですが…残念です。

いつもありがとうございます。

PageTop

雑誌「建設機械」7月号に広告が掲載されます。

工苑WEB担当の石塚です。

今月発売の「建設機械」(日本工業出版)に工苑の油圧弁用アンプの広告が掲載されます。
kenki_02.jpg
メインとしては油圧電磁比例弁用アンプKPA2シリーズ。
kenki_01.jpg
過去にも台船クレーンや鉄道保線など建機向けのお問い合わせも多く、納入もさせていただいております。
参考価格は、65,000円(税別)。台数やお取引に応じて営業がお見積りいたします。

いつもありがとうございます。

工苑ホームページ:KPA
http://www.koenn.co.jp/KPA.html


PageTop

KPA2シリーズと電磁比例弁の関係

工苑WEB担当の石塚です。
KPA01.jpg
当社の油圧電磁比例弁用アンプKPA2シリーズについて、設定項目と電磁比例弁の関係、そして電磁比例弁の簡単な説明を下記の通り掲載しました。

参考にしていただければ幸いです。

KPA2シリーズと電磁比例弁の関係
http://www.koenn.co.jp/KPA/KPA01.html

いつもありがとうございます。



PageTop