工苑ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「たいとう号」来社!

工苑 WEB担当の石塚です。

台東区から地震体験車「たいとう号」が来社しました。点検の仕事なんですけどね。
101130a.jpg
他社が作った起震台のようですが、ひと通り点検。
不具合箇所を見つけて、これからも多くの方に地震を体験できるよう頑張ります。
101130b.jpg
上は地震発生ボタン(笑) 押すと地震が!(このあと震度3の地震が実際に発生してしまいました)

地震の備えは万全に。いつもありがとうございます。

スポンサーサイト

PageTop

インフルエンザ対策

工苑WEB担当の石塚です。

冬も本番に近づいてきました。インフルエンザにかかる人も増えているようですね。
今月の社会保険協会からに郵送物に手洗いとマスクのパンフが入っていました。
20101125.jpg
とにかく予防が大切です。年末に向けて宴が増えると思いますが、暴飲暴食は控えて健康第一で新年を迎えましょう!

いつもありがとうございます。

PageTop

豆知識「フィードバック制御ってすごい!」

工苑WEB担当、石塚です。

一部で人気のある(笑)、豆知識のコーナーを更新しました。
今回は油圧の「フィードバックってすばらしい!」です。

ただ残念ながら期待に応えられるくだけた表現がありません
次回はご期待に添える内容を掲載したいと思います。
とにかく著者がくだけすぎてて表現を改めるのに頭を痛めております(汗)
私が会社サイトにアップするのを躊躇しない表現にできましたら早速アップします(苦笑)。

いつもありがとうございます。

PageTop

小型油圧ポンプ

工苑 WEB担当の石塚です。

今日は現在製作中の油圧ユニットに使う予定の小型油圧ポンプが納入されました。
大きさは□80mmで、長さは軸から137mm、本体のみだと108mmです。
このポンプは21MPa仕様。□30mmのポンプもあり、7MPa仕様だそうです。
101112c_20101123093408.jpg
背面から見ると中央左右に見えるのがAポートとBポート。軸を回すことでポートから油を出し入れすることができます。中にはピストルのリボルバーのようなピストンが動くんですね。
101112d_20101123093408.jpg
初めての方には構造がわからないでしょうからカタログから抜粋してみました。
うーむ、見てもわからないですよねぇ。
101124a.jpg
101124b.jpg
右にある斜めの板に穴の空いたピストンが押し付けられていて軸に寄ってグルグル回転します。その時、ピストンは板の斜面に合わせて出たり引っ込んだりすることで、ピストンの中に油を吸ったり吐いたりを繰り返します。
結果的に油が配管の中を循環することになるんですね。

電気モータと発電機の関係に似ていて、同じ構造で逆に使えば油圧ポンプが油圧モータになったりします(実際は使い方を守ってくださいね)。

それでは、今日もありがとうございます。

PageTop

油圧制御システムにデジタルサーボコントローラ

工苑 WEB担当の石塚です。

本日発売の日本工業出版「油空圧技術」2010年12月号に下記のような広告を掲載しました。
もしお手元にあればご覧いただけるとうれしく思います。
101115.jpg
また、この広告掲載にあわせトップの画像を変更しました。このトップ画像をクリックすると特集ページに移動します。広告の内容が詳細に記載されていますのでご一読いただければと思います。

位置制御と荷重制御を合わせた例も記載しております。

工苑:油圧制御システムにデジタルサーボコントローラ
http://www.koenn.co.jp/yuatsu/tok.html

いつもありがとうございます。

PageTop

開発中の油圧サーボバルブ用デジタルアンプ

工苑WEB担当の石塚です。

県新商品開発補助金で開発中の当社オリジナルの油圧サーボバルブ用デジタルアンプ。
計画よりやや遅れていますがどうにか形になってきました。
 101112a.jpg
試作品完成まであと一歩ですが、チップ抵抗の入手性が惡くてところどころ抜けています。
電源をはじめコンデンサや抵抗まで納期に時間がかかっておりますが、最終期日が決まっているため完成したらすぐに評価をはじめなければなりません。これから忙しくなります。
101112b.jpg
現在販売している当社オリジナルの油圧サーボバルブ用アナログアンプ(KSAMシリーズ)と違い、デジタルアンプなのでプログラムに則った制御もある程度できるようになったり、設定もPC保存のデータを使って誰でもできるようになるとか、そんなことをイメージしています(開発部隊はイメージしているはず)。

来年の新製品にできるよう頑張ります。


PageTop

リモートI/O RIOの販売価格を掲載しました

工苑WEB担当の石塚です。

当社取り扱いの米国ガリル社リモートI/O“RIO”の販売価格を掲載しました。
rio-47xxx_big.jpg 

型番販売価格(税別)デジタルI/OアナログI/O
RIO-4710059,000円16in/16out8in/8out 0-5V
RIO-4712069,000円16in/16out
8in/8out 0-5V,0-10V
±5V,±10V
RIO-4710269,000円16in/16out8in/8out 0-5V
RIO-4712279,000円16in/16out
8in/8out 0-5V,0-10V
±5V,±10V
RIO-4720069,000円16in/16out8in/0out 0-5V
上記販売価格は変動する場合がありますので見積依頼をしてください。
販売価格にオプション品は含みません。
アナログ分解能は12bit(op 16bit)です。

アナログ入出力があってこの価格はまずまずかと思います。
用途によって性能が追いつかないこともあるのでこちらのRIOのサイトをご覧いただくか、またはお問い合わせください。

いつもありがとうございます。

PageTop

「制御盤の小型改造」ページアップ!

工苑 WEB担当の石塚です。

今日は11月3日、文化の日。晴れの特異日なりにしっかりした秋晴れ。当社はそんな中でも営業しております。

最初の仕事はホームページの更新。トップページに意味ありげに写真だけ掲載されていた「制御盤の小型改造」ページをようやく掲載しました。

工苑:「制御盤の小型改造」
http://www.koenn.co.jp/seigyo.html

下の写真はその一例。
これは左上に並んだタイマーを設定することでリレー(細長い四角いモノ)をカチャカチャ動作して機械を動かす制御ボードです。黄色い部分は外部機器に電気信号などをやり取りするコネクタです。スペースがなくて、右にもう一枚アンプボードを別に重ねています。
k01.jpg
これをPLC互換ボードを用いると下の写真のようにスッキリしました。
左の小さなボードがPLC互換ボード。これがタイマーやカウンタ、リレーの役割を一手に担います。
右の部分がガバッとスペースが余ったので別にあったアンプボードの機能をメインボードに搭載。部品点数がかなり減りました。
k02.jpg
PLC互換ボードはラダーによるプログラムで条件や機能を変更することもできますから、メンテナンスや新たな機械に載せ替えるなどお客さまの多くのニーズに応えることも可能になるかと思います。

古いリレー制御盤をリニューアルしたいなどありましたらお声がけください。
大事なことなので二度書きますね。

工苑:「制御盤の小型改造」
http://www.koenn.co.jp/seigyo.html

いつもありがとうございます。

PageTop

JIMTOFに行ってきました

工苑 WEB担当 石塚です。

今、お台場のビッグサイトで行われている「JIMTOF2010 第25回日本国際工作機械見本市」に行ってきました。

台風の近づく土曜日に行ったのですが結構な人手でした。もっともある人に言わせるとコミックマーケットの人手よりは少ないんじゃないか、とのこと。行ったことがありませんが、これでも十分な混雑です。。
101030b.jpg 101030a.jpg
油圧企業の出店は少なかったですね。個人的にはファナックの工業用ロボットたちが楽しかった。ゲンコツ・ロボットの早業はみていても楽しいものです。彼らはパラレルリンク機構と画像処理に特色のあるロボットですね。

いろいろ見学したのですが一部ブースでアクリル製キーホルダを加工してくれるサービスがありました。
自分で絵を書いても良かったのですが、いくつかサンプルもあるのでモノづくりの人たちに知られている「ナッちゃん」柄に社名を入れもらいました。これは当社のお守りです(笑)

今日もありがとうございます。

PageTop

高機能ですぐに使いこなせる多軸コントローラの油圧適応例

工苑 WEB担当の石塚です。

ガリルモーションコントローラを使った油圧装置の応用分野の紹介ページをアップしました。

高機能ですぐに使いこなせる多軸コントローラの油圧適応例
多軸コントローラ

http://www.koenn.co.jp/rupo/galil_rupo_2.html

記事の内容でおもしろいかなと思われる部分はパラレルメカニズムかもしれません。
工作機械や乗り物シミュレータなど自由自在に複雑な動きができます。当社ではこれらの装置や制御も構築することができます。

未来についても少し語って風力を直接油圧源にしちゃえ…など控えめに書いてあります。
お時間あればご一読のほど。

それでは。いつもありがとうございます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。